眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今も昔も変わらず

政治について。江戸時代末期も、今とまったく政治に関する行動は変わらないことがわかる。国を憂い、行動を起こすものはわずか、殆どの人間は損得を考え、動かない。吉田松陰は、150年後の今の日本を見通した天才であり、彼の考えを受け、実践したもの、考えのみを学んだもの、沢山の人材を育てた。本質を見極めることは、学問として、人間にとって最も大切なことである。しかし、大衆はその考えを理解するのに100年以上のタイムラグがある。人間は将来起こり得ることに対して、無関心であるからである。過去、歴史、世界を学べば、未来はおおよそ、予測できる。今を精一杯生きながらも、未来を予測し、行動することは、人間の知であると私は考える。日本は明らかに精神的にアメリカの属国の様な国になってきている。日本の伝統、文化、歴史をもう一度、学び、日本人としての誇りを取り戻していくことが、日本再生の第一歩である。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/22(月) 07:12:21|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大谷幸吉先輩について | ホーム | 食の安全>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/98-c334c7df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。