眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三つ子の魂百まで

おはようございます。会社で朝礼、社員教育を行いながら感じることは、「三つ子の魂百まで」、この言葉である。基本的な人間の資質は間違いなく、子供の時に決まってしまうと言うことである。実際、社会に出ると、中学までの義務教育で学ぶべき学問を完璧にマスターし、使いこなせれば、学問、知識の面ではそれほど問題になることはない。問題なのは、挨拶、礼儀、一番大切なものは純情(すなお)さ。純情(すなお)さも必ず、それを身につけられるかどうかの素養を幼児期、子供の時期に身につけていることを感じる。いくら「ハイ」の練習、挨拶の練習をしても、純情(すなお)さのない人は、せっかくの鍛錬の場を自ら、拒絶してしまう。業務の一環として行っても、拒否して行おうとせず、自ら、そういった環境から逃げてしまう。人間は生まれ変わることができる!、この言葉を信じる純情(すなお)さを持ち、成長していきましょう!子供達を純情(すなお)に育てましょう。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/16(火) 05:49:44|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生物進化について | ホーム | 新知識とパイオニア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/68-7f326fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。