眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

人の為と書いて、偽りと読む

おはようございます。漢字はひとつひとつに深い意味を持つ。人の為と書いて、偽りと読む。多くの凡人の行為は、人の為と言いながら、自分の為に行っていることが多い。私もその凡人の一人である。人の為と言った時点で、それは間違いなく、その行いは偽りとなる。「義必ずしも善ならず。善必ずしも正ならず。」義とは人間として正しい行いをすること。しかし、神様以外は義を取り違えてしまう。それほど義と言うことは難しい。特に争いと言うことになれば、どちらかが正しく、どちらかが間違っていると言うことの区別が付けにくくなる。争いを起こした時点で、お互いが悪になってしまう。しかし、ある国、個人が欲の為に、国、個人を侵略し、財産、生命を奪おうとしたり、そういった場面に出くわしたら?私は、毅然として、意見を言い、人命を守ろうとする。そういった世にならない様、法律、規則を遵守し、人命を尊重する人材を多数、輩出しなければならない。私は、電車事故等で電車が遅れた時、真っ先に、人命は守られたかと言うことを思う!これは子供の頃からそうであった。人命が守られたのであれば、一時間、二時間遅れても良いではないか。自分のことしか考えられない人間、人間は殆どがそうであるからこそ、日々、勉強し続けることが大切だ。人のいないところの電灯、灯りは消しましょう、食べ残しはなくしましょう、浪費はなくしましょう、先進国である日本国民が消費するエネルギー、食 、資源の殆どは、発展途上国、他国から輸入されたものであり、ものを活かすべく大切に使用しなければなりません。大量ではなく、良質なものを少しとりましょう。印刷、食べ物、建設もすべて。個々の値段が製造に見合った価格になるための社会変化に対応する皆の痛みを分かち合い、豊かな社会を築き上げましょう。江戸、江戸の人々の生活は我々にそのことを教えてくれています。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/05(金) 05:57:09|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安藤醸造製白だし! | ホーム | おはようございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/59-1dfb33d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)