眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

正月三日

2017年も3日目を迎えた。暦上は平日、もう今日から仕事を始めている方々も多いだろう。24時間営業のスーパー、コンビニ、また夜10時まで開店している百貨店、それに反して、国民の休日は140日と暦通りに休むと4割近くは休みという日本。限られた時間を長時間勤務する、サービス業は休日が増えた分、お客様の長時間勤務あるいは、休日が増えたことに対応すべく24時間あるいは長時間開店の店が多くなった。
労働生産性は非常に低い。早寝早起き、仕事の区切りをつける社会こそ、労働生産性の高い社会、国家であることは間違いない。
勉強でも、スポーツでも長時間取り組むと集中力を失い、だらだらしてくる。効率が下がる。
労働生産性の高いオランダでは早朝から働き、午後4時には仕事を終える。 まさしく、自然の摂理、人間の身体の機能にあっている。
年末、常人の動きを超える動きをしたが、日本の社会は明らかに労働人口の減少、高年齢化を感じる。殆どの職場で二十年前ならばとっくに引退している年齢の方々が働き、若い方々があまり見えない。
高齢であっても元気で働かれることは素晴らしいことだが、40代以下の方々の労働者の数が少ない。
人口が少ないこともあるが、技術、知識の継承においてゆとり教育が残した弊害、少し大変だとすぐにやめてしまう、基礎力が修得されていないために仕事を理解出来ない、週休2日で学校教育を受けてきたために2日必ず休まないと働けない、胆力、持続性の欠如である。
広告代理店の長時間残業のような極端な問題は人命尊重の観点から二度と起こしてはならない。同時に、基礎力がない、仕事がだらだらと区切りなく行われる状況を解決していかねばならない。
教育改革と早寝早起き、早朝からの仕事への着手と切り上げが当たり前、昔の日本、オランダ型の社会、国家にしていくべきである。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/03(火) 08:41:15|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<首 背骨 腰の矯正のために | ホーム | 病床より>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/582-56d611cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)