眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

上洛、そして大阪へ

先ほど上洛、さらに大阪へ向かっている。 真田丸の大阪 冬の陣が11月、ちょうどこの季節、高野山から大阪へ入った真田信繁(幸村)は意気揚々と大阪入りしたのだろうと推察する。 肌寒く、曇り、今にも雨が振り出しそうな天気で、これから一週間、大阪で仕事である。五年以上ぶりの関西、17年ほど前は毎週、大阪、兵庫に仕事で来ていた。
忠臣蔵 赤穂浪士の四十七士のうち十三人は真壁氏の家臣で浅野氏へ引き渡され、忠臣ぶりを後世に伝えた。
家訓である「猪突猛進」を仕事で実践したい。東北をひっぱりあげるために今日から一週間、頑張らせて頂く。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/15(火) 06:44:14|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<数多くの感動の言葉、確信 | ホーム | 初冬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/576-eac939bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)