眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝起き

私は朝起きが苦手でした。子供の頃から起床は7時か7時半、小学校は家の門を出て、三歩で学校の門に行けたので、始業のチャイムが鳴ってから玄関を出発、最後のチャイムの余韻音が鳴り終わる時に教室の椅子に座るというタイミングで生活していました。
この悪習がなかなかなおらず、朝起きは苦手、三十代前半まで休日は8時まで寝ていました。
毎朝、目が覚めたら、サッと起きることを実践しています。今朝は朝3時で、毎日、朝起きをすると朝起きがまったく苦にならなくなります。 12年かかりました。今でも8時まで寝ていたいという想いはあります。
やはり自分は俗人と思いながら、生活しています。
朝起きは人生を二倍に生きられることを実感、感謝しています。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/28(金) 05:39:57|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<武将たるものの潔さ | ホーム | 激務>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/572-2f27b601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。