眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

巨星 逝く

可愛がって頂いた最年長ジャーナリスト むの たけじさんが101歳で彼岸へ旅立たれた。
横手高校の大先輩、話が合い、私の人類、世界へ持つ想いに共感して下さり、科学者、講話者としての私に期待をして下さっていた。

一緒に講話をさせて頂いた。子供が大好きで、子供を見ると本当に満面の笑みで接された。 世界が平和で、人間一人一人が幸せに生きることを望まれ、執筆、講演を続けられた。

私に、「眞壁君、市長になれ!」、「君にだったら、むのたけじの名前を語り、真実を語ってほしい」と切望された。
私は自力で自らの道を一歩、一歩歩みますと私の生き方をお話しすると、むのさんは私の手を握り、激励して下さった。
彼岸、現世に分かれてしまったが、想いはいつまでも一つである。
むのさんが最も綺麗と感じる風雪に耐える真冬の落葉樹の姿を見ることは出来なくなったけれど、その風景を見る度に、むのさんのことを思い出すことだろう。
むのさん、有難うございます。ご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/21(日) 10:31:55|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀座で食の講座 | ホーム | 銀座で講演 販売>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/567-50b9fed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。