眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

日本らしい選挙結果

自民党、公明党の連立政権が過半数を獲得した。流れるままに流れていく日本、ベビーブーマー世代の候補者、それ以下の世代は歌手、スポーツ選手、芸能人候補者が当確となった。
日本は厳しいなと感じる。結局はあまり考えもなく、知名度ある候補者を選ぶ。明らかに大学生を育てることが経済的にも困難な日本で親世代がまったく政治に参加していない。それを反映する候補者が不在である。
この国はどうなるのか、人材育成を考える人間がいないこの国は。大学卒業時に1000万円を超える負債を抱えて社会人生活スタートとなる大学生が沢山いる問題を考える政治家、国民が少ない国家は衰退していくだろう。 マスコミもまったくこの点に触れない。この国は人材育成においては最も厳しい国の一つ、明らかにアメリカ型の社会に近付きつつある。
今から30年前、アメリカの有名私大を普通か貧しい家庭から卒業した場合、1500万円の借金を背負って社会人になることを思い出した。国公立大学の数を絞り、その大学に入る大学生の授業料は無料にすべきだ。ヨーロッパ型の教育を日本に導入することこそ、日本創生のキイとなることを指摘する。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/10(日) 21:11:25|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀座で講演 販売 | ホーム | 体調不良>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/565-597b6cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)