眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

自然の猛威

熊本で震度7の地震、震度6の地震が相次いでいる。 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、被害に逢われた方々がなんとか命をつながれていくことを祈っている。道路、鉄道、橋が崖崩れですべて崩壊、剥き出しの土が地球そのものの姿を現している。 もう何が起こっても不思議ではなく、自然の中で、私達はどう生きるのか? 川や、土砂にのみ込まれないよう、安定した地盤のところに住み、他の地域への移動が分断、こういった中でも私達の先祖達は移動し、街を作ってきた。 高度経済成長していた時代には自然災害が少ないという希な時代で、私を含めた日本人はそれが当たり前と考えていた。 しかし、いつ大地震、土砂崩れ、激流が襲ってくるかもしれない。これが自然の猛威である。
やはり今しかない。今、この一瞬、先のことなど分からない。
先を憂うるのではなく、今を喜んで生きること、日本の土地が創世される時代に入ってきたことを感じる。
今を楽しもう。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/16(土) 05:59:16|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<心痛 | ホーム | 男はタフでなければ生きていけない!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/555-9ddc059e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)