眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

アメリカは偉い人ほど賢い国でございます

感臨丸に乗り渡米し、江戸に帰った勝海舟が老中により、「アメリカとはどんな国か?」と質問された時の回答。老中に顰蹙(ひんしゅく)をかったという。当時のアメリカと今では様変わりしている点はあるにせよ、偉い人ほど賢い会社、地域、国家は無限に伸びていくだろう。必ず結果に表れる。偉い人ほど賢い社会では偉い人が後継者として賢い人を選ぶので必ず知識、ノウハウが継承される。ところが、ごますりやお世辞を見抜けず後継者を選んだ場合は、勝海舟が皮肉った社会が形成される。勝ならではの名言であり、水戸でこの言葉を紹介頂いた駿河屋のご主人に感謝したい。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/21(火) 21:32:13|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三日月も丸くなるまで南部領 | ホーム | あなたへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/512-e0d89e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)