眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

知恵と知識の大切さ

知恵、知識は本当に大切である。無知とは恥ずかしいばかりではなく、間違った方向に人間を向かわせる。間違っていても明るければ良いといった解釈も間違えていると思う。特に命、健康に関する知識は正しい知識を獲得することが大切である。何が正しくて、何が間違えているか?、科学の法則を理解し、それに照らし考察すると正解が見えてくる。熱力学の第一法則~第三法則、エントロピー、自由エネルギーといったもので考察すると何が正しく、何が間違いかが分かる。自然現象はもちろん、経済、社会までもこれらの法則と概念で正解が導ける。ミサイルでミサイルは撃ち落とせるか?、遺伝子組み換え食品は身体にどういう影響を及ぼすか等々。世界はどこへ向かおうとしているか等。理論的、定量的な考察が可能である。こういった分野を切り拓いていきたい。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/08(水) 14:16:29|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<信ずれば成り、憂えれば崩れる | ホーム | 動物と人間との違い >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/507-8a75f346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)