眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上杉氏との関わりから導かれるもの

上杉祭りのある期間、米沢近くで過ごすことが多い。18代 真壁氏幹は義の武将として、同じ義の武将 上杉謙信公と共に戦えることを至上の喜びとしたという。上杉景勝、家臣の前田慶次も真壁氏幹を頼りにしていたという。上杉氏、その重臣的存在であった新発田氏縁の方々と出逢う。本当に不思議な出逢い。上杉謙信公の墓は上越市の林泉寺にある。上杉謙信公にとって故郷は上越であり、桓武平氏である長尾氏が元々の家系である。縁有って、別の氏を継承する、これは偶然ではなく、ご先祖様が、我が氏姓を継ぐに値する人物を選択しているのだと最近、思う。偶然ではなく必然なのだろう。お会いするご縁も。ご縁を大切にこれからも生きていきたい。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/03(日) 20:57:59|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こどもの日 | ホーム | 奇跡的な回復と感謝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/486-839d3039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。