眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

幸せとは

「あなたは今、幸せですか?」と問われたら、「幸せです」と迷いなく、答える。いつも幸せで、沢山の方々に支えて頂いている。沢山の方々に愛して頂き、通常はお会い出来ない方々とお会いさせて頂くことが多い。これは先祖が積み重ねて下さった徳であり、私の宿命であろうと感じる。苦難は沢山ある、「おいおい、また試練ですか」、笑いながら試練を受ける、いつの間にか、試練は乗り越えている。それが私の人生。周りには余裕があるように見えるらしいが、余裕などは無く、ただいつも何故か、「何があっても大丈夫」といった自信がある。自分自身を幸せと思える人間が一番幸せであると感じる。皆様のおかげで幸せな人生を送れることに感謝している。有難うございます。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/03(金) 01:57:03|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<糸 中島みゆき | ホーム | 真田昌幸 真田信綱(幸村)父子と乱世の世の中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/465-ceb383b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)