眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

苦難観の革新

私達の忌み怖れるものに「苦難」、「困難」がある。失敗、お金が無い、病気になる、人間関係、仕事がうまくいかない等々、人間には必ず、これだけが解決してくれればといったものがある。そして私達はこれら苦難、困難から逃げようとする。しかし、避けたり、逃げれば逃げるほど追ってくるかのように事態はより重大になってしまう。苦難、困難を喜んで受け入れる、横綱のようにどっしりと真っ正面から。正対(真っ正面から受け入れる)、正見(自分自身の生活のゆがみを見る)、正行(自分自身が変わる)。過去と他人は変えられない、自らが変わる、それにより周りの環境が変わる、想い描く状況が実現される。目標を立て、計画を立案、どのように計画を遂行するか方法を明確化し、結果をチェックする、これらを繰り返すことにより目標が達成される。苦難を真っ正面から喜んで受け入れた瞬間、必ず良くなる第一歩を歩んだことを忘れてはならない。この受けとめ方、実践こそがこれからの人類に求められる。本当に素晴らしい学びを得ることが出来た。あとは日々、実践するのみ、明朗に、より幸せになるよう歩んで参りましょう。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/08(日) 20:47:20|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Con air by Nicolas Cage | ホーム | 眞壁屋のうどん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/458-408150f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。