眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

人との出逢い

毎日、色々な方々と出逢わせて頂いて、手紙、葉書、メールを交換させて頂いている。お会いさせて頂くのは一期一会かもしれない、あるいはまた再びお会い出来るかもしれない。歴史とはこんなものか、一瞬、袖振り合うこと、語ったことは風の前の微塵のように消え去り、何も残らない。ただ、出逢い、別れていくのみ。 書き物でしか歴史は残らない、こういったことを考える時、書き物に記す重要性を痛感する。これから出来事を残すことにしよう。それが後世に伝わる歴史だから。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/12(日) 20:03:15|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運命と宿命 | ホーム | 秋田県警察学校卒業式参列>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/440-e15ccfb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)