眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

講話から学んだこと 実践

9月17日、9月18日と講話して頂いた株式会社でん六の鈴木隆一社長とご一緒させて頂き、沢山のことを学ばせて頂いた。社員に頭ごなしに意見を言ったり、叱ったりせず、グループを作り、グループリーダーから方針、意見を言ったり、社員やその家族を大切に思う思い遣り、また工場の中に入り、現場を良く見て、喜んで働くこと等。お忙しい中、本当に感謝している。 9月17日は、私にとって、人生の転機と言える日で、21年前、オランダ デルフト工科大 化学工学科へ客員研究員として赴任した日である。忘れ得ぬ日、何故、9月17日はこれほど私の人生に大きく関わるのか、歴史的に何があった日か、調べてみた。関ヶ原の戦いが終結した日、アテルイ、モレが亡くなられた日。いづれにしても歴史が変わる日である。 これら歴史を大きく変える日が私に関わってくるのはご先祖様が上記に深く関わってきたからに違いないと受けとめ、これからまた自分自身の転機として、取り組んでいきたい!
また、インターネットとは元々、あまり関わらない方であるが、やはり、実際にお会いしたり、お話しすることに時間を注いでいきたい。結局は、ネットで交わすのみの関係はバーチャルなものであり、限られた時を考えれば費やす時が勿体ない。さらに、沢山の方々と実際にお会いし、お話ししていく!
スポンサーサイト
  1. 2014/09/20(土) 00:39:00|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋田県警察学校卒業式参列 | ホーム | 遠方より友来る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/438-97bb3282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)