眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家族は親、会社は社長、経営者、会は会長、地域は首長、国家は首相次第?

タイトルについて感じることがある。これらがきっちりとしていなければ、成立しなければならないのは確かだが、これのみで達成されるものでもないことを感じている。最も大切なことは一人一人が目標をとらえて、立ち、歩くことである。一人一人が目標を認識し、立ち、歩かない限り、家庭、会社、会、地域、国家は動き、目標は達成出来ない。一人の名将により、目標は達成されない。名将とは何か、賢者、剣豪それとも富豪、地位の高い人間?構成する方々、一人一人に目標を認識させ、立ち、歩かせることが出来る方のことである。日本の戦において大将の首をとった瞬間に戦の勝敗が決した。その名残りか、会は会長、地域は首長、国家は首相により決まる、売上や目標を達成するためにはリーダーが結果を残すということが信じられている。私は違うと思う。何故、中小零細企業は中小零細企業であり続けるのか、行政、国家は同じ問題を抱え続けるのか。一人一人が目標を認識し、立ち、歩くことが最も大切なことを指摘したい!騎兵の父と呼ばれた秋山 好古もこの点を指摘している。一人の天才により勝利するのではなく、プロの集団、力量の高い個人、個人の必要性を説いている。そうならなければ、真の目標達成、永続的な繁栄はないと私は感じ、人材教育にすべてをかけている。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/03(日) 11:29:48|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本、変化の時代に(第一段) | ホーム | 繁栄への道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/431-a246ec24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。