眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毎日が猛稽古

毎日、毎日、横手市倫理法人会への入会を一社、一社にお願いして歩いている。同時に本業の営業、研究、他人からの頼まれ事をこなすと毎日がぐったりとなってしまう。修行と思える日々。日本人の平均寿命は80歳を超えているが、私自身は人生50年の頃の50歳と変わらないほど磨耗、劣化していると思う。 身体も精神的にもぎりぎりの状況で、仕事、講演、頼まれ事を果たす毎日を過ごしており、他人がゴルフだ、飲み会だと言う生活とは無縁な生活を送っている。空いている時間などまったく無く、沢山の方々とお会いし、お会いした方々に葉書やメールを書いたり、必要な本を読んでいる。人生とはこういったものなのか、本当に、いつまでも激流の中で泳ぎ続ける自分がいる。常人ならば苦しいと言うだろう。しかし、これが生きている証とするならば、喜んで受けて泳ぎ続けよう。これからは時間が限られていると思う。沢山、講演も依頼頂き、沢山の方々とお会いし、一人当たりと何分間ぐらいしかお話し出来ないだろう。そういったことを考えると人との出会いや過ごす時間がいとおしい。 激流より速く泳ぐと激流の抵抗が心地よく感じるかもしれないと思った青年期、今でも行動は素早く、常人の三倍のスピードで動く!
動きが止まった時に、激流に流されるのだろうが、激流よりも速く泳ぎ続けたい。相対性理論では、光速と同じスピードで動けば、年を取らない。浦島太郎が竜宮城に行って帰ってきた時に、周りが何百年も経ち、自分だけが若い姿のままであったとはこのことであろう。故郷や家、その土地は自分自身のかけがえのない方々がいるからこそ、その土地であるということ、時を深く感じている。大切なのは楽しく泳いでいるかということ。私は、大変でも楽しく泳がせて頂いています!
スポンサーサイト
  1. 2014/07/30(水) 18:05:43|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋田県 美郷町 松田町長講話 | ホーム | 正義の無い社会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/427-a400999e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。