眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

慶英出陣

高校三年生の長男 慶英が金沢大学理工を受験するために出陣する。織田信長は長男の初陣に同行し、戦いを共に行い、自ら戦う姿を長男に見せ続けたという。本能寺で明智光秀の軍勢に包囲され、絶体絶命の父 信長を助けようと信長の長男は引き返して運命を共にした。冷血非情に描かれる信長は、親族に対する情が深い人物だったという。長男がいかに父 信長を愛していたか、長男の行動がすべてを物語っている。慶英は三年間、良く頑張ってきた。信長のように一緒に戦うことは出来ないが、初陣を見守りたい。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/23(土) 03:07:23|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Skypeを始め、眞壁屋のうどんを海外へ | ホーム | うどん試作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/402-bf5da989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)