眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いじめという問題

一人の人間をいじめる、私達の世代(1965年)にもあるにはあったが、必ず誰かが、そういったものを制止し、長期化しなかった。私達より15 年ほど若い方々が中学生の頃、いじめは陰湿でひどいものだったらしい。私はその頃、神奈川で研究職にあり、そういった実態はまったく知らないでいたが、お盆の頃に帰省し、現役で中学校の教諭をされていた中学校の担任の先生とお会いすると、『眞壁君の頃の学生は思いやりがあって良かった』と言われた記憶がある。その時はその言葉を深く受け止めていなかったが、意味が段々、理解出来るようになった。私は喧嘩をしたことが無い。中学生で既に握力78kg、柔道をしていた私は、喧嘩するということは相手の命をも奪いかねないと決して、喧嘩をしない誓いを立て、守っていた。たまたま目にしたもめ事には、はっきりと制止すべく発言し、制止してきた。今考えると、いじめの抑止力として働いていたと思う。そうすることが当たり前と考え、これまで行動してきている。いじめを見て見ぬふりをする行動は、大人から学ぶものだと思う。正しくないことに目をつむり、妥協して行動する大人の姿が子供達に反映されているのがいじめである!勇気、気概を持ち、正しい行動を起こそう。このままでは、この国、教育はまったくダメである。自分より力が強く、身体の大きい外国人には、まったくモノ申せず、行動も出来ない日本人ばかりが育ってしまう。私は、外国人にも臆することなく、発言、行動する。正しいことは、誰に対しても、堂々と主張出来るからだ。いじめに悩む子供達、保護者は私に連絡ください。勇気を持ち、正しい行動で、問題を解決しましょう。科学者として真実を求めるためには、命がけの勇気、行動が必要なことを教えてくださった世界的な学者である恩師達に心から感謝している!
スポンサーサイト
  1. 2012/08/17(金) 06:36:24|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨年の今頃は | ホーム | 長い歴史の中から考えること>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/387-4679db6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。