眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界で勝負

いよいよ眞壁屋のうどんを香港、台湾、上海に続いて、北京にリリースする!国内ばかりではなく、世界で勝負する、日本の多くの会社にはこういった方向性が求められる。少子高齢化し、成熟した国とこれから成長していく国。かつて、ヨーロッパと日本がそういった関係にあったいやそれ以上に、日本と他のアジア諸国との間には、金、人の集まり方の格差が生じてくるだろう。そういった兆候が東京、地方都市に見え始めている。量に走った多くの会社が市場の収縮にあえいでいる。経済活動規模の収縮す日本の活路はグローバルな展開しかない。そうしている間に、需要、供給のバランスを最適化していく政策実行が必須である。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/14(月) 12:36:30|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無事に金環日食を終えて | ホーム | うどんを科学する 高付加価値化の商品、ビジネスを>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/378-a6772f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。