眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夕食での調理法

チェルノブイリ事故の時にスウェーデンで推奨された肉をマリネにしてから焼くと言うことを行ってみた。オリーブオイル、レモン汁、にんにく、塩、こしょうに秋田県産の豚肉をつけておき、焼いた。味はそのままより、格段に美味い!今後、調理法による安全性の向上がどれほどあるのか、定量的にとらえたい!大学の食品課の先生と提携しての仕事になりそうである。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/26(日) 22:17:06|
  2. 料理および科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<義を見て為さざるは、勇無きなり | ホーム | 眞壁屋のうどんと日本の食の安全性基準値>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/366-30364dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。