眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここ15年で起こったこと

一昨日のテレビ番組で、静岡のある観光地の来客が1995年に比べ、2011年は、半分になったと言う統計が示された。私は毎年、東海道線に乗り、静岡まで旅行に出かけるが、感じるのが、年末年始の旅行客がめっきり減ったと言うことである。この理由として、ここ15年の間に、旅行する方々が高齢化し、旅行出来なくなったと言うことが指摘出来る。今、70代後半以上の方々である。日本で一番、お金を持っているこの年代の方々の動向は観光地のみならず、百貨店にも多大な影響を与えている。人に訪問する際には、カステラ、お菓子を持参するのが当たり前、贈り物も多く、とにかく働き、稼ぎ、飲み食い、遊び、自らのためだけではなく、他人のためにもお金を使う。経済を活性化した。昨日、銀座へ行ってみたが、15年前までは至るところで見られた百貨店で沢山の商品を購入し、それを入れた袋を持って歩く銀座マダムの姿が見えなくなった。一人で今のお客さんの十人分は購入していただろう。たやすく、三万円、四万円の買い物を至るところでされるお客さんが銀座では見られた。しかし、今は千円さえハードルになる購買の実態を目にすると、明らかに日本人は緊縮経済を作り出すメンタリティーに走っている。働かない、評論する、考えない、判断しない、動かない。何もしなければリスクはないと教えられた日本人は、とにかく動かなくなった。指と口ばかりが動く。身体を動かさない。私は昔の方々を手本に、身体を目一杯、動かしたい。沢山、働き、稼ぎ、世の中の経済活動に寄与できるよう頑張りたい。緊縮経済を打破するためには、経済人が働き、沢山の金を稼ぎ、使うこと、それしかない。頑張ろう!
スポンサーサイト
  1. 2011/11/29(火) 05:17:25|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地震の一年 | ホーム | 来るべき国際競争社会に向かって>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/343-1a205bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。