眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜中に気になること

ペロの容態が気になる夜が続いている。ちょうど子供達が風邪をひいた時、夜中、看るのと同じである。これから6時までが魔の時間帯である。先程、ペロはむくりと立ち上がり、崩れる様に横になった。虫の音が聞こえる。薬、私が抗がんに期待を寄せ、免疫力をアップさせると信じ与えるサプリメントの効果、ペロの野生の治癒力を期待している。人間では何人か、末期がんから奇跡的に生還された方々にお会いし、お話しをお聞きしたことがある。必要最低限の栄養しかとらぬこと、玄米、昆布、梅干し等を食べ、すべてのものに感謝しながら、ひたすら免疫力を上げることに注力されたことをお聞きした。犬もまた、楽しい、生きたいと思う気持ちを起こす生活を飼い主が与えることしか道はないと考える。まったく立とうとしなかったペロが大好きな引っ張りっこのおもちゃを見た瞬間、口にくわえ引っ張ろうとしたことは、生きようとする気持ちを引き出すことである。私自身、一滴口に入れただけで、末梢の血管までプロポリス成分が行き渡り、血のめぐりが良くなることを実感すると、ペロの身体においても同じことが起こっていることが類推出来る。プロポリス入りのポカリスエットを飲み続けているペロは本能的に癌と闘う際に自らを助けるよりどころの飲料としていることがうかがえる。先程、慶英の寝顔を嬉しそうに見ていた。喜びの生活が彼女の身体に奇跡を起こす様、確信している。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/18(日) 02:00:25|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<点滴中です | ホーム | 家族一緒の夕食>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/312-f4d8f9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。