眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地球の自転、公転について

私は昔から、地球、天体に関する勉強が苦手だった。方角はもちろんだが、自分が今暮らしている世界とかけ離れた世界と地球とをどうやって結びつけるかというイメージがわかなかった。富士通研究所に勤めていた頃の親友が衛星に関わる研究、開発をしていた。宇宙開発の最終的目的を聞くと、人類の宇宙移住であると言われ、初めて納得した。今朝から慶英と地球の公転、自転、太陽に対する地軸のずれ、観測地を一緒に勉強している。いったい何のためにこういったことを勉強するのか、最初にその目的を記載してほしいものだ。ほとんどの本に、本を読む人々へ分かる様に、目的が書かれていない。学問書には必須である。しかし、それを簡易にかける、道を究めた学者は少ない。太陽、地球を知ることにより、エネルギーを太陽エネルギーを最大効率で活用するといった目的を明記してくれると、学問に対する熱も違ってくる。勉強するということは深く色々なことを考えるきっかけを与えてくれる。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/16(土) 14:00:04|
  2. 料理および科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ある市長のブログから考えること | ホーム | 数学の試験>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/31-9b92c492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。