眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今になってすべてが分かった



夕食にペロに、プロポリス入りのポカリスエット、ペースト状の餌を与えた。家族全員で食べる度に、『すごい』、『良く頑張ったね』と一口、一口食べる毎に声をかけてあげた。肺機能が働かない今は、食べることすらままならないほど苦しいはずである。しかし、飼い主が、家族が喜ぶことを力を振り絞り頑張ることをペロは生き甲斐としていることが良く分かった。出なかった声も一声ではあったが出たと言う。望みは針の穴を通す様なものではあるが、励ましながら、免疫力を向上させ、自然治癒力を引き出す環境においてあげたい。今、慶英、私と共に同じ部屋にいる。寝ている慶英を見守る様、嬉しそうにしている。飼い主、家族に褒めてもらうことが免疫力を高め、自然治癒力を引き出すことと信じている。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/15(木) 00:39:41|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人が同感し合う力が社会の秩序や繁栄につながる | ホーム | 食事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/305-0cf8327d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。