眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

再会

真壁町の方々が来社して下さった。11名の方々が、来社され製造工程を見学頂いた。昨年、12月 真壁町を初めて、訪ねさせて頂いた。加波山に抱かれ、真壁城跡、蔵の街 真壁には温かい方々が沢山いた。皆さんが親切、また再会出来た喜びはひとしおである。角館に滞在され、真壁に帰られると言う。遠い道のり、良く来て頂いた。私もまた眞壁を訪れたいと思う。道中、お気をつけて、充実した旅になる様、祈念いたします。またお会い出来る日を楽しみにしています。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/09(金) 20:01:19|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<愛犬への付き添い | ホーム | 落胆と喜びの日>>

コメント

ご縁

強い絆が生まれたようですね。
今後、さらに発展することを祈ります。
  1. 2011/09/12(月) 11:02:26 |
  2. URL |
  3. よーちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

高橋様
コメントありがとうございます。茨城とは深いつながりがあり、お付き合いさせて頂けることを幸せに思います。茨城には他の地域には真似できない歴史があります。その歴史を大切に伝承して頂きたいと願っています。
  1. 2011/09/12(月) 11:13:49 |
  2. URL |
  3. 眞壁明吉良 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/298-5d8f40f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)