眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

落胆と喜びの日

今日は落胆と喜びの入り交じった日である。ボーダーコリーの愛犬 ペロが急性腎炎、骨髄腫、白血病のいづれかであると診断された。あの元気だったペロが元気になってきているとは言え、鶏のささみをわずか口にするだけ、かなり衰弱している。腎臓機能が元に戻るか、白血球の数、カルシウムの数値がどうなるかを注意深く観察していくことになる。飼い主としてもっと早く手を打てなかったのか、本当に自らを責める気持ちが起こってくる。物言えぬ動物の痛み、苦しみは伝わってこないだけに痛々しく、飼い主の観察力、世話がすべてを決する。完全復調を目指し、最大限の世話をしていく。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/09(金) 19:50:22|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再会 | ホーム | 愛犬の治療 急性肝炎にかかって>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/297-fe458a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)