眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アテルイ

今日は今から千二百年以上前、東北の蝦夷の長であったアテルイ、モレが亡くなった日である。岩手県胆沢(奥州市)に陣取った朝廷軍4000をわずかの兵で撃退した東北の英雄は、仲間の命の確保を請願し、モレと共に、京都へ向かった。敵であった坂上田村摩呂も彼らの存命を嘆願したが、貴族達の反対にあい、河内の国で処刑された。阿倍氏、源義経、奥州藤原氏、東北には大勢に反し、自らの哲学を持ち生きようとした英雄達の歴史が刻まれている。東北、仲間の命を守るため、モレと共に京都へ向かったアテルイは、仲間、人の為に命を捨てられる真のリーダーである。原発事故、みちのくは津波、地震に加え、多くの人々が苦しんでいる。アテルイ、モレは今のみちのく、日本の原状をどう見ているのだろう。自分の身の保全をはかるリーダーはリーダーたりえない。歴史は多くのものを我々に教えてくれる。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/13(土) 06:17:49|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<能代商業高校野球から学ぶこと | ホーム | 慶英、誕生日おめでとう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/285-269715f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。