眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦国武将に学ぶ後継者育成

織田信長、徳川家康、非情と温情、短気と気長、対照的な二人だが、嫡男の教育についても対照的であったと言う。信長、家康にはそれぞれ、信忠、信康と言う嫡男がいた。今までのイメージからいくと信長がほったらかし、家康が手厚く教育に関わると言った教育が想像出来るが、まったく逆であったらしい。もちろん、信康は幼年期、人質になっていて、家康と接する時間は短かった様だが、家康は『無事でありさえすれば良い』と殆ど、教育には関わらなかったと言うことである。一方、信長は信忠を、戦ごとに連れていき、帝王学を学ばせた。幼年期より雑用は一切させず、嫡男としての学びをさせ、自らの姿から多くのものを学ばせ様とした。父 信長も成し遂げなかった武田氏を滅亡させると言う大業を成し遂げた信忠に家督を譲った。本能寺の変で、信忠は父 信長を助けるため、逃げ延びられる機会を捨てて、父と共に明智軍と戦い、命を失う。一方家康の嫡男 信康は武勇に優れてはいたが、父 家康に対する敬にかけていたと言う。その猛将たる気質は信長にすら敬を払わない行いを見せ、最後はその器に恐れをなした信長が切腹を命じ、家康が受け入れたと言うことが伝えられている。他人には非情であったが、身内には優しく、嫡男に敬を払われた信長と身内には非情で、嫡男に敬を払われなかった家康。二人の嫡男 育成の違いは私達に後継者育成について考える機会を与えてくれる。二人共、悲運の最期を遂げたが、後継者育成としては織田信長の育成法がより好ましく、家康の育成法は自らがプレーヤーとして天下統一を成し遂げると言う意志がはっきりと表れている。戦乱の世が治まった際には、戦国武将としては落第の秀忠を認め、官僚機構をまとめる人間として後継者に選択したことは、家康の非凡さがうかがえる。戦国武将としては力量不足の秀忠の最強の敵、豊臣氏を滅ぼすため、老体にむち打ち、参戦した家康も、遅参した秀忠には、『信康が生きていればこんな情けない想いをしなかったものを』と信康の死を悔やんだと伝えられます。後継を早めるのであれば、信長の様に、戦乱の世の中を見極め、自ら障害を取り除いてからと言うのであれば、秀忠への後継が望ましいと考えられる。信康は家康よりも剛毅で、決断、行動力に優れ、それが信長の恐怖につながった。いつの時代もカミソリの様な切れ者よりも、凡庸、平凡に見える者の方が、強敵にとっては安心できる。戦国武将から学ぶ継者育成に対する考察である。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/05(金) 13:28:07|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<知識、科学の大切さ、恩師の言葉の意味 | ホーム | お通夜に列席して>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/281-ec236e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。