眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

別れ

いつもこの時期には、元気な思いやりあふれるお声を聞くのが楽しみであった函館 長門印刷 会長の長門一也さんが1月5日 急逝されたというお手紙を昨日、頂いた。故郷 秋田を心から愛され、函館秋田県人会会長を長年務められ、昨年には六十周年記念式典を終えられた。故郷を愛する気持ちと共に、一言、一言に温かさ、優しさ、思いやりの言葉をかけられる方であった。笑顔、熱い握手、いつも最後に、『親孝行してくださいよ』と締めくくられる電話には、故郷と共に、親御さんをいつも心におかれた長門さんの心情が伝わってきた。もうあの温かい笑顔が見られなくなってしまい、言葉も交わせないことは悲しく、寂しいことであるが、私の心には笑顔、声が鮮明に残っています。本当に生きた人のみが永遠に生き続ける、長門さんのご冥福をお祈りすると共に、ご厚情に深く感謝いたします。ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/15(金) 14:53:46|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仙台 六魂祭 | ホーム | 組織のパフォーマンスをあげるには>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/272-967fad23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。