眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

枝葉を見て幹、森を見ず

福島原発を廃炉にするために数十年かかると言う。私が生きている間に廃炉に出来るかどうかの気の遠くなる発表である。工程表に関する東大の教授の解説を聞いても??である。現段階では、原発事故の収束に対しては沢山の技術的課題があるがスリーマイル島の経験もあり、この経験の十倍の技術を達成すれば解決できると言った科学者とは思えない曖昧なコメントである。今は出来ないと言うことを希望的観測で述べることは適切ではない。どうしたら、放射性物質による汚染をいつまで、どの様に解決するか明確に回答することが、『絶対安全、大丈夫』と発言し続けた責任である。またやらせメールと九州電力の社員が原発支持のメールを出したことがマスコミに叩かれているが、一番、問題されるべきものはインターネット社会における匿名性を許しているところではないか。原発においても何故計画が推進されてきたかと言う経緯を見る時、原発により得られる土地売却、補償、原発関連で働く多くの方々が建設賛成にまわることとの明確な違いは何か。得にまわる、金に走る流れは、長い歴史で繰り返されてきた人間の悲しい特性でしょう。私は、やらせメールを支持している訳ではない、やらせメールの本質は、匿名性を特徴とするインターネットによる意見抽出を世論としている点にあると言う意見が出ないところに危険性を感じるのである。今、放射性物質による被害を受けている国民、子供達をどう救うか、風評被害、安全な日本と言う一番のブランドを一蹴した現状をいつまでに、どの様な具体的技術で問題をクリアするのか早急に提示、実行することが急務である。暴走した核分裂反応をどう処理するのか、フローチャートでいくと反応炉を水冷出来ない時に、最初に想定され、解決策を持っていなければならない命題である。枝葉ばかり議論する社会の流れには驚いてしまう。幹、森を見、エネルギーはどうするか?と言うことより、国民、子供達の健康、安全はどうしていくのかと言う、人がいて国家が成り立つか、人類が生存出来るかと言うことを考えるべきである。最先端技術を使うから大丈夫などと言う考えではなく、フローチャートで事象を考え、最初の分岐で別方向へ向かっても早急に解決出来る手法を持たない技術には向かうべきではないことを今回の事故は示唆している。本来、放射性物質は粉体であるから、集塵を急げと集塵機を使った原発周囲の集塵、土壌、海水、水の浄水を国力のすべてをかけて行うことを希望する。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/10(日) 07:11:45|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<医師、技術者が政治に取り組む時代 | ホーム | 昔の先輩、仲間と>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/269-985f7334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。