眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おはようございます

おはようございます。昨晩、NHK大河ドラマ『姫たちの戦国』を見た。戦国武将達はどうやって、眠り、朝を迎えたのか、目覚めに考えさせられた。一日たりとも熟睡することもなかったろう、また、いつも戦い、生き残らねばならない宿命を背負っていたことを考え、彼等に比べると現代人はいかなる宿命を背負っていても、幸せであることを感じる。人を傷つけ、命を奪わないと生存出来ない究極の宿命を背負わせられることは、学問も積んだ彼等にとって、耐え難いものであったろう。晩年、出家する武将達がいるのも納得出来るところである。平和な日本はある意味、彼等の犠牲の上に成り立っている。その後、欲望のもとに肥大化した大量消費社会を作り上げた日本は、自らが作り上げた社会問題と対峙し、解決していかねばならない。Life must go on、通常通りの生活を送ることの大切さに関するブログを書いたが、金を活かして惜しみなく使うこと、本当に必要なものにはお金を投じること、ものを大切にすることを両立させる生活スタイルを遂行することが大切である。良質のものを求めることがそのキイになる。宿命に真っ正面からぶつかってきた先人達の苦難、苦悩に比べれば、我々は幸せであることに感謝し、進んでいきましょう。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/09(月) 06:23:57|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都を経由して | ホーム | Life must go on 生き残ったものは通常の生活を続けなければならない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/245-ff3d0039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。