眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日曜日、命のリレーをつなぐ

おはようございます。肌寒い、霧のかかった朝を迎えました。今日は秋田県議会議員の投票日、責任を持って一票を投じてきます。円高、原油高、原発事故、強い余震と住民生活、経済は厳しい局面を迎えている。かつて恐竜が滅びる時、隕石が地球に激突し、生じた灰が空を覆い、太陽光を遮断した。極寒の地と化した地球には食べ物が無くなり、環境変動についていけなかった恐竜は滅びたと言う説が良く話されている。それに対して体が小さかった我々の先祖であるネズミの様な小動物は生き残った、会社、ビジネスにもたとえられる話である。生き残るものは強い、強大なものではなく、環境変動に適応出来る体の小さなものであるとするならば、まずは個人が生き残らなければならないと言うことになる。皆さんには是非、体に留意して生き抜いて頂きたいと願っている。眞壁屋のうどんは常温で三年もつので、ざっと1000kg(一万食分)あれば四人家族で三年間は大丈夫だ。しかも安全で、赤ちゃんからお年寄り、病人にも安心して食べてもらえるのだから、良い商品を作り上げたと思う。消費した物質、エネルギーがすべて無駄にならない命のリレーに寄与出来るのだから。数量に限りがあるのだけが難点だが、これはいたしかたない。環境変動に強く、命のリレーをつなぐことに貢献出来る商品を作り続けたい。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/10(日) 07:29:40|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 艱難辛苦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/236-cd0f81e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。