眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

叡智の結集を!

福島原発の敷地から半減期の長いプルトニウムが検出された。燃料棒が溶融されたことが懸念されると言う危険な状況である。昨晩のテレビには、もう原子力工学の学者、技術者のみの知識、技術では、問題解決は困難で、水の浄化技術、建設に関する科学者、技術者の知識、技術の結集が必要との訴えがあった。水、大気、土壌の浄化は、人類存続のキイであり、もし声をかけて頂ければ、浄化に対する知識、技術支援は喜んで行わせて頂きたい。水から放射性物質をいかに除くか、この一点に絞りこみ、まずは汎用技術を確立し、流布させることが必須である。他の研究をストップさせても、国は大号令をかけ、核反応の停止、放射性物質の拡散抑止、水、大気、土壌の浄化に緊急に取り組むべきである。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 06:47:47|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原発事故への取り組み | ホーム | 友からの連絡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/230-3c3c3af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)