眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学問する目的、現代社会と対比して

おはようございます。学問する目的は、知識を生活に役立てる、正しい判断を下し、行動することにある。学問していれば、大局的な二つの考えが出てくることが良くある。簡単に言えば、天動説と地動説の様な考えである。その当時、天動説、地動説、どちらが正しいか確かめる技術、手法がなかった。したがって、裁断は、権利者の決定によるものであった。これがいわゆる社会である。今、日本では、民主党、自民党と言った既存政党の支持率が各二十%程度ずつ、無党派層が四十%を超えると言った既存の考え、社会に失望、新たな社会創造に期待する民衆の想いが出ている結果を表すともとれる世論調査があるテレビ局より示された。一番の論点は、増税に対する既存政党、民衆の考えのギャップだろう。日本人の生活が日に日に厳しくなる中、社会的負担ばかりが増大することが強く感じられる。歴史、科学、政治から考えれば導き出すべき判断は何か、論理的に、二つの対局した考えが明確に打ち出されることが望ましい。利権、しがらみにより、結論が出せないでいる政治では、他国に益々、遅れをとってしまう。消費税アップするのであれば、これ以上、消費が冷え込まない様、また生活者の生活がこれ以上、困窮していかない具体策が提示されるべきで、減税が提示されるのであれば、社会基盤となる予算が確保される様、企業からの税収がアップし、企業が存続し、民衆の生活を豊かにする具体策が示されなければならない。これまでの政策はまさしく、場当たり的、こまぎれで一貫した考えが貫かれていない。これが無党派層の増大をよんでいる最大の原因と考える。民衆もまた学問をすることで、天動説、地動説と言った明確な考えを持ち、世論を形成できる学びをしなければならない。正しいものは一つではあるが、なかなかその一つを導き出せないできたことは歴史が証明することで、間違った裁断は民衆に直接跳ね返る悲劇を生んだ。そうならぬ様、学び、その知識から正しい計画、判断、実行を遂行することが、学問の目的であり、これまで我々、民衆に最も欠けていた点である。子供達にとって良いこととは何か、この一点のみを見る時、正しい判断が下せる。最後は、この世の中を支えるのは大人ではなく、子供達であることをもっと考えていかねばならない時であると強く考える。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 06:38:46|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新うどんへの取り組み | ホーム | 良い人間しか良い菓子は作れない、一生懸命取り組むことが道を作る>>

コメント

後世の人たちにつけ回しはしたくないですね。

ご無沙汰してます。
さすがに、雪は少なくなっているのでは、と推測しております。

おっしゃる通り、次の世代の人たちから、何ということをしてくれたのか。
と言われない世の中にしなければならないにも拘らず、何も出来なっか我々に責任があります。
今、全ての人が立ち上がり、声を大にしなければならない。と思います。
先ず、各々の地元から改革してゆきましょう。
  1. 2011/03/01(火) 22:43:03 |
  2. URL |
  3. よーちゃん #-
  4. [ 編集 ]

その通りですね

コメントありがとうございます。まさしく、今、後世に悪いものを残さぬ様、取り組むことが大切です。地方には悪い意味でのしがらみがあり、悪いものは悪いと明確な意思表示をする、あるいは改革と言う言葉に恐れを感じる人々が大多数を占めます。今の流れに反対の意見を述べ、行動することに対する弾圧を恐れているのです。何故、日本が第二次世界大戦に突入したのか、西欧の植民地主義に対抗する意味もあったことは認めるが、経済封鎖され、外国に生きる道を求める以外なかったと言う歴史があると理解しています。その時に戦争反対を訴えた人々は、非国民と弾圧され、戦争により尊い命を失った方々の人生は一瞬により消え去ってしまった。私達は過去の悲しい歴史から、他国に頼らず、食、エネルギー、資源を自給し、凶行を起こす国から日本、日本人を守り、すべての国々と平和、人命の尊重を基軸として対話できる国を創らなければならないことを先の戦争で尊い命を捧げられた方々のためにも実現しなければならないと考えます。国、県、市を頼るのではなく、日本国民一人一人が自立すること、行政の責任者がそういった自覚を持ち、自立した民衆一人一人と対話し、人類の叡智を結集させることがキイと考えます。名残雪の様に、ここ数日、雪が降ると言う予報ですが、確実に春に近づいてきました。いつもありがとうございます。
  1. 2011/03/02(水) 06:21:18 |
  2. URL |
  3. 眞壁明吉良 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/220-1eeab1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。