眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月最後の日

2011年もスタートしたと思っていたら、既に、30日経ち、今日で1月も終わりである。1月5日から降り続いた雪は観測史上最高の180cmに達した。円高が進み、牽引産業が第一次産業で、高齢化が進む東北の経済活動は、活気をなくしている。益々、消費が鈍化し、経営者にとっては正念場を迎えている。デフレが加わり、益々、舵取りが難しくなってくることが予測出来る。しかし、先人達が歩んできた道に比べれば、まだまだ平坦な道で、昭和初期にはわずか2000円の年収(現在で、約84万円)、農村からの少女の身売りが問題となっていた時代を先人達は歩んできた。決して、その様な時代に逆戻りしてはならない。研究、差別化により商品を高付加価値化すること、子供を大切にする社会を作り上げることが大切である。決して、子供達を経済活動の犠牲にしてはならない。地域、国、社会を支えるのは子供達である。こういった基準からこれから行う活動が上記を満足するものかどうか、再度、考えてみましょう。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 13:37:03|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月スタート | ホーム | 学問と実践 昨晩の宴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/206-de1e71bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。