眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

別れ

昨日、社員 高橋徹君の御尊父 輝男さんが逝去された。67歳であった。徹君のお祖父さんは、高橋寅太郎と言い、横手の市議会議員を務められ、私の祖父 眞壁祐治郎からの付き合いである。高橋寅太郎さんの後を継ぎ、輝男さんは若い頃から一生懸命働かれた。昨年から体調を崩され、ガンが発見されてからも最後の最後まで仕事をしていた。本当に世話になり、思い出はつきない。酒を酌み交わし、楽しく話したことが思い出される。こんなにも早く別れの時が来ようとは思ってもみなかった。人は心の中に生き続け、いつでも蘇ってくる。輝男さんのご冥福をお祈りします。ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/19(水) 23:03:15|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<艱難辛苦と幸福到来 | ホーム | 開国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/200-e29ed848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)