眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

開国

連日、TPPの話題が話されている。TPPにより関税が撤廃され、安価な農産物等が輸入されると国内の関連産業は大打撃を受けると言う予測がされていて、関係者は日本のTPP参加に反対している。地方の対応では、岩手等の少数の反対、秋田は慎重派、たいていはTPPの及ぼす影響を予測しきれていないことを感じる。安価な野菜、穀物を輸送することはエネルギー、水と言う観点から考えると大きな消費につながる。環境と言う側面から見ると、水、エネルギーの枯渇に向かう方策と考えられる。歴史的考察からは、昔から継承、維持してきた産業がなくなる危険性もはらんでいる。経済的には、アメリカも参加する可能性もあり、工業製品等の市場獲得のためには、追従せざるをえない側面もある。市場を外国に求める未来図ばかり描いているが、少子化を解決出来れば、市場を国内に求めることは出来る。消費を他国に頼る今の社会をどう変革するかが一番議論すべき点である。工業製品を大量に売ると言う発想ではなく、知的財産権を主に、頭、技術を主に、かつてアメリカが日本に対して行ってきた戦略で国益を得ることが大切である。農業は厳しい時代に備え、他国の農産物では達成できない、安全性、新鮮さ等をより追求し、消費者の信頼を得ることがキイであろう。そのためには、土壌、水、空気をきれいに保つことこそ源泉であることを心せねばならない。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/18(火) 07:07:11|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<別れ | ホーム | 大雪>>

コメント

在日特権を廃止せよ

在日

通名:柴崎 千晶

011-741-0281

北海道札幌市東区北八条東18丁目1-1
  1. 2011/01/18(火) 12:28:30 |
  2. URL |
  3. 在日特権を許さない市民の会 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/199-43a30c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。