眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年会&事業計画発表会

おはようございます。2010年の事業成績をまとめ、2011年の事業計画を作成し、今日、社員の前で発表し、その後、新年会を行う。事業計画発表会を行う様になってから三年目を迎えるが、前期の事業のまとめ、今期の計画立案が年々、早くなってきている。事業はスピード、時間が勝負、いかに早く計画を立て、実行するかにかかっている。事務所内も以前より整理整頓し、2011年の仕事に向かっている。最近は殆ど新聞、ニュースは見ないが、今年は新年早々に、東京の百貨店、お店を訪問した。現場、売り場を見て、経済が分かった。不景気と言うが不景気ではない。個人のタンス預金82兆円と言う状況もうかがえるし、まだものが乱舞し、コトが見える出展がわずかである。消費者にすれば、あまりに品数が多く、選択に困る、商品を見るだけで疲れる、そんな印象を受けた、社会の仕組みすべてが複雑になったが、本質からはずれ非常に幼稚になったことが気にかかる。この原因のひとつは教育の質の低下である。まともに質疑応答が出来る人間が育っていない、国語力の低下、家庭、学校教育において読書が不足している。良書が少なくなり、マンガが多くなった。今何故、電子ペーパーなのだろう。電子ペーパーにより、省資源化され、書のコンテンツが豊富になることは認める、しかし、本来の紙媒体の書のニーズも高まる教育の質を上げていかねば、日本人の幼稚化は止められない。石原慎太郎都知事が言った。『幼稚な人間とは知能指数が低いとか、ものをよく知らないということではない。何が肝心かということがわからない、何が肝心かということを考えようとはしない者のことだ』。。その通りである。眞壁屋は安全で美味しいうどんを小さなお子様からお年寄りまで食べて頂き、喜んで頂き続けられる様、素材の研究、手作りを継承して参ります。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/06(木) 06:37:15|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大雪 | ホーム | 蘇我の梅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/197-2e23b9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。