眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真壁町探訪

ついに、真壁家の先祖が戦国武将として住んでいた真壁町へ。鈴木謙一さんに案内頂き、真壁町の方々、お店を訪問させて頂いた。整然とした街並み、皆さん、礼儀正しく、素晴らしい方々ばかりである。真壁城跡に行くと何か胸をつかれる想いがこみ上げた。19代住んだ城跡は周囲1.5kmはあろうかと思われる広大な敷地であった。そこから車で数分走ったところに、初代から14代までの墓が祭られた遍照院があった。もうお寺の住職はいないらしく、38の墓が並んでいた。500年ぶりの墓参り、ひとつひとつのお墓に声をかけながら、手をあて礼拝した。涙がでそうになった。私が会いに行って、喜んでくれたであろうか。上杉謙信よりも「義」に走り、曲がったこと、凋落、謀略が大嫌い、真壁久幹は私、そのものである。近くにある五所駒瀧神社の神官 櫻井さんご夫妻ともお会いし、お話しできた。長い間、真壁家を守って頂き、感謝している。近く、家族を連れ、また訪れたい。真壁の家訓 「勇猛果敢、猪突猛進」、「義」を守り続けていきたい。ご先祖様達に恥じない勇気ある生き方をしたい。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/25(土) 13:58:36|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水戸でのクリスマス | ホーム | メリークリスマス!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/190-31eda2b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。