眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地域、日本の危うさ

日本の隠れた巨額の負債が明らかにされた。日本で最も優秀であると考えられていた官僚が、結局は、日本丸の舵取りをあやまったことになる。政治主導、官僚主導、結局はどちらも舵取りすることが出来なかった肥大化した日本経済は、愛国心、愛郷心、自他共栄と言う大和民族が持っていた大切な心を失った時点で出来始めた。日本、地域には、自立し、国、地域のために外貨を稼ぐと言う人間より、他人が収めた税金をあてにする人間が多くなった。民間の経営者は、自らの財産を担保に、資金を調達し、命懸けで、会社を経営している。失敗は、復活不可能なほどのダメージを負ってしまう。しかし、さらに一歩踏み出せば、生き残るために税金依存の会社経営を行っているとすれば、税収が減少し、財務バランスを崩した日本においては、このビジネスの仕方は成立しづらくなる。地域、国が成り立って、我々が生きていることに気付き、地域、日本を愛する様になれる。なるべく、税金を使わず、外貨を稼ごうと自立する人間の割合が多くなれば、地域、国の財政は必ず、良くなる!私の会社も日々、社員教育をし、社員一人一人に、生きる意義、働く意義を理解してもらっている。「人のお世話にならぬ様、人のお世話をする様、そして報いを求めぬ様」、後藤新平さんの言葉は胸を打ち、明治のエリートがいかに高い志を持ち、実践されたかがうかがえる。人生は芸術である。先人達に負けない様、一度しかない人生と言う絵を見事にキャンバスに描ききっていきたい。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/18(木) 06:45:27|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<むつ市倫理法人会講演 | ホーム | 誇りとは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/183-407fe77c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。