眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

横手市立栄小学校学習発表会

PTA会長を務める横手市立栄小学校の学習発表会があった。全校児童127人、私が卒業した33年前には、250人ほどの児童がおり、その当時の半分の児童数となっている。少ないながらも、歌、演劇と素晴らしいものであった。栄小学校が立つ場所は、「和談の森」と言われ、今から400年前、新藤柳田村、大屋寺内村、大屋新町村が水争いをし、最後には、仲直りした場所で、和談の森と呼ばれた。菅江真澄により、このことが書き残されている。栄小学校からあまり離れていない場所にごみ処理施設が建設されることが横手市より、突然、発表された。ものごとは、皆に通知し、意見を聞き、話し合いをし、進めていくことが400年前でもあったことで、これと反する手法は、封建時代よりも退化した方法である。横手市、横手市議の中には、ごみ処理施設は、「子供の教育に良い」、「学びの場」など、理解に苦しむ発言をしている方々がいる!私は、海外の大学で客員研究員として学んだり、これまで、中学校から大学で講義、講演をしてきたが、初めて聞く教育理論である。この様な理論を展開する人々には一度、考えを皆さん、マスコミの前でお聞きしたいと考えている。またごみ処理施設は地域の活性化になるなどと言っている横手市議もいる。もし活性化になるなら、我々の地域の長い1200年の歴史の中で行われているはずであり、その方のユニークかつ理解に苦しむ政治哲学もお聞きしたい。少子高齢化する地域、日本において、子供の安全、教育、健全な生活環境はいかなる人間も侵すことのできないものであり、未来の地域、日本のために、上記方々とは真っ正面から対峙し、意見を述べていく。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 17:38:07|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誇りとは | ホーム | 横手南中学校から体験入社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/181-6db04f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)