眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おはようございます

おはようございます。昨日、経営者の勉強会の役員会に出席してきた。昨日は商工会議所の新年会も目白押しであったという。組織の目的とは何か?地域、国家の目的とは?私は、素晴らしい人を作り上げ、皆が幸せになることと考える。したがって、これに寄与するもののみ、真といえる。中小零細が置かれた劣悪な環境を真摯に、正確に受け止め、真面目に、伸びようとし、未来に向かうものには手を差し伸べる仕組みが必要なのでは?JALの一件をみても、「法的に処理する」、「追加融資をする」と言ったことが当たり前の様に言われていますが、「立ち行かなくなったのは、負債のせいなのか?」、「本業が利益が上がらないからか?」さらに、「利益を生むために本業をどう業態を変化させるのか?」と言ったことが現時点で決まっていなければ(行われていなければ)厳しいのではと考える。高度経済成長期を基軸に、作られた仕組み、組織が立ち行かなくなってくるのは自然の摂理であり、存続させるとするならば、再び高度経済成長期に日本を持っていくしか方法がないことが明白である。アメリカの最後の一手がサブプライムローン、国債の増発であるが、日本もまさか同じことをしようとしているのではありませんね?日本のエリートと呼ばれる人間の多くが、アメリカの大学でアメリカの官僚、政治家と同じことを学んでいることを考えると私はあり得る気がする。仮想の経済成長を作る手法はもう効き目なし、人類、自然、世界にとって必要なもの、人類にとって不可欠な技術をひとつ、ひとつ積み上げていくしかない。私はそう思うのです。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/09(土) 05:08:48|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真冬の落葉樹 | ホーム | ものごとはシンプルだ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/18-3f6afc59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。