眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

嬉しい電話

先程、富士通研究所時代の同期で、私の兄貴分にあたる山崎隆浩さんから電話を頂いた。私は大学院修士課程を終え、24歳で富士通研究所に入社したが、山崎さんは博士課程を終えられ29歳の入社で、寮も同じ、色々なお付き合いをさせて頂いた。山岳を趣味とされ、大学時代に入部されていた京都大学山岳部の後輩の方が遭難された時に、探しに行かれるという話しをお聞きした時に侠気のある方と感動した。その気持ちで接して頂き、私の子供が産まれた時のお祝い、私が博士課程に進む際に頂いた化学辞典と節目節目に、心に残るお祝いと言葉を頂いた方である。半導体の原子の動きを分子動力学で計算される大家であり、私が尊敬する人物である。20年前はいつも一緒で、本当に楽しかった。今はお互いの分野、会社で頑張っているが、再会できたら時の流れも忘れてしまうだろう!心が通じる方とは、時間を超越してお話しができる。本当に不思議な感覚である。山崎さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/07(木) 20:58:22|
  2. 友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おはようございます! | ホーム | 本音こそ大切!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/15-35562836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)