眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本の進む方向

おはようございます。アジア諸国のパワーが経済はもちろん、日本国内で観光客の購買、行動から強く感じられる中、日本は、基幹産業の立て直し、未来像を描けず、小手先の議論のみで何十年も停滞している。日本の数多くの有力企業が多額の営業損失を計上し、若者の雇用を創出できない、国際競争に耐えうる日本人の教育(道徳、国語、数学、社会、科学、外国語、体育、武道)がなされていない状況を続けていることに強い危惧を感じている。一番感じるのは、人の問題、日本はこれまで、国の存亡に直面しながら、先人達の勇気、知恵、行動で切り抜けてきた。今はどうか?政治家の中に、吉田松陰、坂本龍馬、西郷隆盛、山縣有朋はいるのか。経済人の中に、渋沢栄一がいるのか、教育者の中に新渡戸稲造がいるのか?能力ではなく、道徳、勇気、行動の面で、先人達に追いつかない教育が行われ続けている。日本で学べなければ、世界で学ぼう。くだらない権力闘争、利権争いを行う時間は残されていない。日本はこれまでにないピンチに面している。精神、心、知識、勇気、体といった人間のエンジンとも言える総合力を養う教育の質の低下をいかに補っていくか、私の役割も益々、大きくなっていくことを実感する。自らの知識を世界的に通用するレベルで維持しながら、勇気を持って行動していく。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/21(水) 04:23:18|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<碧祥寺記念館見学 | ホーム | おめでとうございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/112-a573599e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。