眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

金融機関に思うこと

日本の高度経済成長時代、融資を活発に行い、それ以降、融資をストップされることで苦しんでいる会社、個人は多いと思う。財務内容が悪い、担保がないからと言ったことで、融資が取り付けられない会社、個人が多いのも確かである。戦後間もなくはどうしていたのか?どうやって、海のものとも、山のものともわからないものを支援できたのか?人、人の才能を評価できていたと私は感じる。今は人の評価は低く、日本では若者が伸びていくのがなかなか難しい。こういった課題を克服することも大切である!
スポンサーサイト
  1. 2010/04/01(木) 20:22:26|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幾歴辛酸 日本創世の道 | ホーム | 百の言葉より一の実行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udon20100101.blog100.fc2.com/tb.php/105-8ed78a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)