眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

真田丸の舞台で

大阪の大国町に滞在している。真田丸が築かれた天王寺まですぐ、道路標識には和歌山の文字が出てくる。
私とほぼ同年の真田信繁(幸村)はどのような想いで和歌山 九度山から天王寺まで来たのだろうか。姉宛の手紙ではもうこの世にいないかもしれないと覚悟と共に状況の厳しさを書き記している。
私も大阪に来る前は同じ想い、それほど過酷なスケジュールの中、大阪へ来た。
無事に5日目を迎えている。すべてに感謝、厳しい中にも充実した時をすごさせて頂いている。有難うございます。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/20(日) 15:17:35|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数多くの感動の言葉、確信

阪急百貨店うめだ本店 9階 「東北物産展」において、お客様に眞壁屋のうどんを試食提供させて頂いている。「美味しい」、私に、「お逢い出来て良かった」という数多くの感動の声。 間違いない、今行っていることはほんもの、天命である。自ら与えられた機会に最大限の力を発揮し続けることこそ、天命を知る道と確信している。
  1. 2016/11/17(木) 01:05:30|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上洛、そして大阪へ

先ほど上洛、さらに大阪へ向かっている。 真田丸の大阪 冬の陣が11月、ちょうどこの季節、高野山から大阪へ入った真田信繁(幸村)は意気揚々と大阪入りしたのだろうと推察する。 肌寒く、曇り、今にも雨が振り出しそうな天気で、これから一週間、大阪で仕事である。五年以上ぶりの関西、17年ほど前は毎週、大阪、兵庫に仕事で来ていた。
忠臣蔵 赤穂浪士の四十七士のうち十三人は真壁氏の家臣で浅野氏へ引き渡され、忠臣ぶりを後世に伝えた。
家訓である「猪突猛進」を仕事で実践したい。東北をひっぱりあげるために今日から一週間、頑張らせて頂く。
  1. 2016/11/15(火) 06:44:14|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初冬

横手は先週、雪が積もりました。朝晩の冷え込みは冬へ向かっていることを感じさせ、今朝も気温が二度でした。今日は晴天で、太陽の光が降り注いでいます。
冬本番を前に、りんごの収穫等が行われています。
私も今週から大阪出張、準備をしています。夕方から男鹿で、お付き合いのある方の会社の創業 70周年記念式典に参加してきます。帰ってからまだまだやることが沢山ありますが、男鹿へ向けて、出発です。
  1. 2016/11/13(日) 10:46:13|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ大統領選挙結果がもたらすもの

アメリカ大統領選挙結果、トランプ氏の勝利。私は早くからトランプ氏の勝利を予測していた。
建前で行き詰まった社会においては本音を言う人間が望まれてくる。行動は分からないが少なくとも、現状の路線を変革するという意思のみは有権者に伝わった結果だろう。
彼はビジネスマンであり、政治を金額、経済で定量的に捉え、交渉してくるだろう。
益々、貿易、防衛の分野で日本の自立が急務となる。 防衛に関しては、アメリカ軍の防衛費の負担あるいは日本の自立を求められることになり、まったなしの状況に追い込まれるだろう。
彼はアメリカのTPP参加には強く、Noと言い、理由として「アメリカの自動車産業を守るため」と主張した。 タフなネゴシエーター、ビジネスマン登場で各国もたじたじとなるだろう。 日本政府にもビジネスマン、国際弁護士のようなスタッフあるいは政治家がもっともっと求められる。
国際的なネゴシエーションの勝敗こそが、国運を決する時が来た。同時に日本人一人一人が自分の足で立ち、歩くことが求められる時代の到来と私は捉えている。
  1. 2016/11/10(木) 05:53:10|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0