眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恩師との再会

茨城県にいる高校の恩師と再会した。私は高校時代、化学をまったく勉強せず、高校三年生の2学期くらいまで中学生の知識のまま、元素記号はもちろん、化学式もまったく覚えていなかった。どうせ本を見れば分かることを何故丸暗記しなければならないのか?、すべてにさめて、何のために?、勉強を、社会をクールに眺めていた。真実とは何かをいつも考えていた。化学をまったく放り投げ、とうとう高校の2学期を迎えた。先生とはその時に出会い、先生の家へ化学を教わりに行った。吐く息が白くなった秋で、先生の家にあるストーブと温かい先生の笑顔が印象にある。「化学製品、薬品はベンゼン、トルエン、キシレンから合成され、それらは原油から得られる」、その先生の一言で化学を学ぶ目的が初めて分かった。一心不乱に元素記号、化学式、反応を覚え、三年間で学ぶ内容を2ヶ月でマスターした。大学受験の化学は点数が取れたが、他の教科で解答用紙を間違え、大失点、理系では才能が無いと判断し、得意の英語を活かし、国公立の経済学部を受験しようと準備をしていた時、先生に「あなたの英語の強さは必ず理系に進んだ時に強みとして生きてくる。私の母校へ進みなさい。」。秋田大学鉱山学部燃料化学科へ進学、先生から学んだ化学の知識をさらに実験、講義を通じて確かなものとする学びを素晴らしい恩師達から教授された。先生との出逢いがなければ、銀行等に入行し、科学とは無縁な人生を送っていただろう。今まで一度も不安になったことはない。また、未来に光を失ったことはない。しかし、高3の秋に、先生の家に通った時に吐いた白い息、暖かいストーブ、温かい先生の笑顔をいつも思い出す。 先生に連絡を取ると、足が思うように動かなくなり、自由には移動出来なくなったという。それでは私がお邪魔しますと、眞壁屋のうどんと、水戸 駿河屋さんの絶品天ぷらを手土産にひたちなか市のご自宅へお伺いした。懐かしい声、昔と変わらない温かい笑顔、先生の顔を見ると、接すると安心する高校生の頃の気持ちが甦ってきた。学会発表、特許、論文の創造、海外留学、学会の論文賞受賞、講義、講演、ラジオ番組、テレビ番組出演を通じて化学、科学を通じて、世のため、人のために生きられる道を与えて頂いたのは先生のお蔭である。お会い出来る限り、時間を作り、お会いしたい!今までお世話になった恩師達、お世話になった方々が沢山いる。皆さんに少しずつでも恩返しをしていきたい!
スポンサーサイト
  1. 2015/06/27(土) 06:40:35|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は角館、田沢湖、今日は宇都宮、高崎まで車で移動した。走行距離 1000km、心地よい疲れを感じている。想い、心を交わせる人々、一期一会のような出逢い、思えばそういった出逢いを繰り返してきた。出逢えた皆様が幸せであるよう、祈り続けている。
  1. 2015/06/25(木) 20:11:23|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外とのやりとり

海外とのやりとりが続いている。日本語で話す以上に英語がクリアに会話を進め、状況をお互いに理解しあえる。やはり英語が5W2Hを明確に表現しなければならない言語であることにも起因する。日本語は叙情的で、議論するにはあまり向かない言語である。日本人そのものが話さなくても伝わるといった感覚で過ごすことが多い。私は西欧の方々以上に上記を明確にする。そうしなければ研究は出来ないし、国際的なビジネス、プレゼンテーション、交渉は出来ない。アジア、アメリカでのビジネス展開に加速がかかってきている。これからの日本の向かうべき道である。
  1. 2015/06/24(水) 02:41:45|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君は海を見たか

何故か、倉本さん脚本のテレビドラマ「君は海を見たか」という五歳の頃に観たテレビドラマが浮かんだ。エリートサラリーマン、技術者である仕事一筋の父が難病にかかった息子と残された時間を懸命に過ごすストーリーであったと記憶する。息子は九歳、野球のチームに入り、元気でいたのが突然の難病にかかり、限られた命の時を母代わりの叔母と過ごすシーンを覚えている。父親役が平幹二郎、懐かしい名優が浮かんできた。最近は、「君は海を見たか」、「北の国から」といった生きるということを真剣にとらえるドラマがめっきり減った。幼稚な大人の恋であったり、回想ものであったり、今という時代がそうなのか、表面ばかりをなぞって済ませるそんなドラマばかりが目につく。生きることはもっと真剣であるはずだ。死ぬことも。「君は海を見たか」、36歳の父親役を演じる平幹二郎の演技、ドラマを当時の彼の年齢をはるかに超えた50歳の今、観てみたいものだ。
  1. 2015/06/22(月) 02:42:43|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

講演

横浜で講演をさせて頂いた。講演ももう300回を超えた。聴講者 50名の方々に私の学んだ科学の基礎と差別化、高付加価値化を実現するための研究についてお話しさせて頂いた。これらは日本、日本人にとって、最も大切なことで、世界で仕事をしたり、生きる上で大きな力となる。これからも与えて頂く機会はなるべく受けるようにし、沢山の方々にこの宝をお伝えしていきたい。
  1. 2015/06/20(土) 13:54:50|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆さんへ

「成功するから幸せなのではなく、幸せだから成功する」、努力し、成功された方はより感じることが出来ると思う。幸せと感じることが成功への切符であり、私自身、周りの方々が幸せと感じるように導いていきたい!
  1. 2015/06/14(日) 23:17:28|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東根氏、天童氏、歴史について

東根市で講演をするにあたり、ざっと東根市の歴史を調べた。戦国時代、東根市は東根氏により治められていた。天童氏と手を結んで、最上氏と戦い、最後には、最上氏に屈してしまう。最上氏とは、伊達政宗の母が出た山形を治めた戦国武将のことである。最上氏に従う東根氏の一族が東根を治め、関ヶ原以降、お家騒動により改易となった最上氏と同様、東根氏も東根から九州へ移り、徳島 蜂須賀氏、松平氏の家臣となり幕末を迎える。東北と四国、まったく無関係のように見える地域が人間により結ばれていることが分かる。歴史は人間の結びつきを明らかにするもので、私達 日本に住む人々を全国、世界と結びつける。全国各地の地名は武将の名前、歴史を表すものが多く、歴史と共に継承していくべき大切なものである。
  1. 2015/06/14(日) 04:08:43|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

講演

一昨日、昨日と北村山倫理法人会のナイトセミナー、モーニングセミナーで講演をさせて頂きました。一時間、四十分という短い時間で、グローバル社会でビジネス、商品展開する具体的なお話しをさせて頂いた。日本人がグローバルな世界でいかに生きるかを知る日本人は少なく、私はその少ない一人だと思います。私のお話しが皆様の仕事、人生に少しでも役立ち、生きる力となること、皆様が健康で幸せに生きられることを心より祈っています!お世話になりました。感謝。
  1. 2015/06/14(日) 03:40:55|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

故郷

故郷、茨城に来ている。あなたの故郷は横手では?と言われるが、私の意識の中では、横手、秋田、神奈川、父方の先祖が生きた茨城、母方の先祖が生きた熊本が故郷と感じる。今日も時間をつくり、真壁氏18代の墓参りをしたい。故郷は世界で生きる礎となり、世界で動く時に必ず目に浮かぶ。刻々と変化する社会に変わらぬもの、故郷、先祖、両親、家族。すべての方々に故郷がある、時間のある時に思い出しては如何でしょうか。
  1. 2015/06/12(金) 03:47:09|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとうございます!

昨晩、AKBメンバーの選挙投票があった。作り上げられた昔のスターではなく、普通の女の子が悩み、苦しみ、そして輝く姿に沢山の方々が心惹かれるのだと思う。1位に輝いた指原莉乃さん、おめでとうございます! いじめられっ子で、ひきこもりだった辛い経験を乗り越えて、沢山の方々に感動を与えるあなたは、ほんものです!九州大学に通う長男 慶英が住む福岡出身、福岡でそういった選挙が開催されたことはご縁を感じます。慶英は幼少期から本当に優しく、誰一人、仲間はずれにしたりしないリーダーでした。同級生は仲良しで、男の同級生が全員、慶英の部屋に入り、玄関はいつもクラスメートの靴でいっぱいでした。年下の子供がいじめられると、「僕が守ってあげるよ」といつも温かい言葉を周りの方々にかける少年でした。小学校の卒業式で、学校の先生に、「子供達がまとまらないで困っている時、慶英君には助けてもらいました。励ましの言葉までもらいました。」と感謝の言葉を頂きました。自分自身は我慢して周りを太陽のように照らす、いつも周りに親切で温かい言葉をかける、いつの間にかのび太君のような少年が坂の上の雲の主人公のような青年に成長しました。指原さんのようにこれから沢山の方々を激励、感動させることが出来るよう、勉強し、研鑽しているようです。昨日はピアニスト 辻井伸行さんのコンサートに、ご招待頂き、感動していました。ほんもののみが与えられる激励と感動、21世紀はあなた達の時代です!身体に気をつけて、生き生きと楽しんでください!
  1. 2015/06/07(日) 09:02:58|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。