眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真田昌幸 真田信綱(幸村)父子と乱世の世の中

今から四十年ほど前、NHKでは人形劇で、「真田十勇士」が放送された。猿飛佐助という忍者がいたりしたという記憶しかなく、小学生の私には歴史背景を正確に理解するには不十分で難しかった。今、歴史を理解し、真田信綱(幸村)が、多くの武将達が豊臣方(西軍)から徳川方(東軍)に寝返る中、最期まで徳川家康の首を狙い、その一歩手前まで追い込んだ戦国きっての猛将であり、真田十勇士はその家臣達であることを知ったのは高校の歴史を学んでからであった。関ヶ原の戦い、真田家存続のために、父 真田昌幸、子 信綱(幸村)は西軍、子 信之は東軍について戦った。幸村は才知に長け、東軍を大和路から攻めることを提言したが、豊臣秀頼の側近に却下された。関ヶ原の戦いで敗北、父と共に、高野山へ幽閉される。これは東軍についた兄 信之の嘆願により何とか命だけは救われた処置と言われる。昌幸は臨終の際、幸村に「お前の方がわしより才知にまさっている」、「提言が採択、実行されるには、発案者の信用がすべてを決する」と言い残したと言われる。徳川からの和睦の誓書締結の際に、徳川家康を夜襲する提言を幸村はしたが、これもまた、秀頼側近により却下される。豊臣存続のために、自分自身の才能をすべて出し、命懸けで臨もうとする幸村とはかけ離れた秀頼の側近達により、勝利の芽をどんどん摘まれ、最期の戦いを迎える。真田幸村は徳川家康の陣地に家臣と共に突撃し、疾走、本陣まで迫った。懐には西洋式の最新式の拳銃を入れ向かったという。本陣にいた徳川家康は、「もはやこれまで」と切腹の覚悟を決めていたという。馬上で懐から拳銃を取りだそうとした時、幸村は拳銃を落としてしまう。痛恨のファンブル、この一瞬が時代を決めた。幸村は討ち取られたが、徳川家康はこの勇士の御霊を弔ったという。徳川から好条件で寝返りを要請されても、決して寝返ることなく、ただ一人、最期の最期まで徳川家康の首を取ることだけに命をかけた真田幸村の生き方は真田十勇士として、数多くの物語を生んだ。発案者の信用、昌幸のいうことは本質である。しかしながら、真実、本質を知らぬ凡人に迎合し続けることが信用をつける道であるならば、革新は出来ず、勝利を勝ち取ることは出来ないという意味も持つ真田幸村から学ぶ人生教訓である。人間は悲しいかな、ただ単に、仲良しかそうでないかという単純な分類しか出来ない動物かもしれない。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 06:04:55|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

織田信秀 織田信長父子の関係と危機をのりきること

織田信秀、織田信長の父であり、器用(華やかで実があり清潔である)と評された名将であった。今川義元を破り、織田信長には父親としていつも名将としての立ち振舞いを見せた。信長は、父が今川義元を打ち破ったことを支えとし、敬慕した。信秀の時代は「不安の時代」、信長の時代は「危機の時代」と捉えていた。戦国武将の多くは乱世を生き残るため、武術、儒学、仏教、歌学を研鑽するという帝王学を学んだ。武田信玄、上杉謙信等の戦国武将は強い精神力、体力を帝王学を学ぶことによりつけていった。信秀は信長を型にはめず、自由に好きなことをさせ、個性を伸ばさせた。「天下布武」という強い個性はそのような教育から生まれた。織田信忠、織田信長の嫡男であり、あまりクローズアップされない人物である。信忠は、最近まで、織田信長が徳川家康の嫡男 徳川信康を切腹させたことから、信康に比べ、信忠が著しく能力的に劣るために、どうしても排斥しなければならない、怖れていたという解釈がされてきた。しかし、近年、研究も進み、織田信忠は、信長の命をこなし、なかなかの力を持ち、能力も高かったことが明らかになってきた。織田信忠は三木城を攻略する際に、信長に抗弁した以外は、従順で、信長に従った。信長は能楽に傾倒する信忠に、「能楽に傾倒しすぎることは好ましくない」という父としての戒め、戦においては同行するといった父としての子供への愛があった。本能寺の変、織田信長が明智軍に包囲された中、信忠は信長救出のために、命がけで戦う。信長が自刃したことを知り、自らも相手の手にかかることを良しとせず自刃し、26歳の人生を終える。危機の時代は、天才とそれに従順な子により乗りきることは出来なかった。家臣、人との関係から強大な力を持った織田家が滅びたことは、この世は、自らの力のみで生きられるものではなく、他者との関わりが大切であることを意味している。二人の首は発見されなかったが、その墓は京都 妙心寺に建立されている。
  1. 2015/03/29(日) 20:07:56|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとう!

本日、長男 慶英が九州大学経済学部経済工学科の合格を頂いた!二年間にわたり毎日、13時間ずつ勉強を続けた。幼少期、ラジオ体操の後、一生懸命、苦手なランニングに取り組んだ姿が浮かんだ。自らが持つわずかな才能を磨ききること、私の生き方も受け継がれ、本当に嬉しい!身体に気をつけて、前に進んでください!
  1. 2015/03/21(土) 19:59:59|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その場、その場、個人、個人

その場、その場で、個人、個人で幸せは異なるから、自分自身はこう生きる、それは自由であり、その方々が幸せであればいっこうに構わない。しかし、心や生活に歪みがあると必ず身体に変調をきたす。これが自然の摂理である。この法則のみは不変で誰も打ち破ることは出来ない。朝起きて、夜眠る、笑う、懸命に生業に専心する、両親に感謝する、こういった当たり前のことが実は一番、難しい。その場、その場、個人、個人の自由や幸せが存在するのは確かだ。それを超えた自然の摂理に私達は生かされ、寿命を与えられていること、エネルギーの流れは自然な川の流れのように無理の無い、不自然さ、歪みの無い流れを最小のエネルギーで実現する。損失エネルギーが最も小さく、最小のエネルギーで実現される事象を長く支持する、肉体、心、そして仕事、生活も。何もこだわりの無い気持ちを持ち生きていけるように努力したい。
  1. 2015/03/18(水) 20:43:31|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぐや姫

今、日本テレビで放映された「かぐや姫」を視聴させて頂いた。私の尊敬する俳優 地井武男さんが翁役で声の出演をされており、赤ちゃんであるよちよち歩きの姫を呼ぶ愛に満ちた声は地井さんにしか出せない声と拝聴した。かぐや姫は、物語通り、老夫婦をおいて月へ帰ってしまう。実は私は今日お昼に翁と同じ想いにかられていた。今日は長男 慶英が九州大学経済学部の二次試験を受け、福岡から札幌へ移動する日であり、小さかった慶英を抱いたり、私が仰向けになって小さな彼を飛行機のように持ち上げゆっくりとおろし、顔を私の顔につけたりしたこと、勉強をサボッた中学三年の坊主頭の彼と朝五時から共に勉強したり、雪かきしたり、また時にはゲンコツをおとしたこと等々を翁と同じ気持ちになっていた。不思議である。ゲンコツの痛み、抱きしめた温かさを忘れないでほしい、私からは巣立った彼に対する想いである。決して感傷的ではなく、かぐや姫のストーリーはまさしく、すべての親が持つ想いではないだろうかと考えていた。さりげないふれあいが最も幸せであることに気付くのは、自らが親になり、子が親から巣立つ時なのだと感じた。懐かしい地井さんの愛に満ちたお声を拝聴し、嬉しい1日でもあった。
  1. 2015/03/13(金) 23:43:33|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Con air by Nicolas Cage

昨晩、「コンエアー」(1997)を観た。もう18年前の映画で、当時、ニコラス ケージが33歳であった。私が好まないバイオレンス、しかも飛行機アクションと観るのを中断しようと思ったが最後まで観た。アメリカを代表する囚人達が乗り込む護送機がハイジャックされ、仮釈放をされたニコラス ケージが立ち向かうというストーリー。鍛え上げたニコラス ケージの肉体、アクションが素晴らしい。現実に起こりそうなリアル感と愛する人間が暴漢に襲われ、守るために戦い、相手の命を奪ってしまい罪人となるニコラス ケージの役は現実的に起こりうることでもあり、考えさせられた。話せば分かるでは済まない狂人達がこの世の中にはいるのが、悲しいが現実である。私は幼少期からそのような人間達から身を守り、大切な方々を守るために徹底的に自分自身を鍛え上げた。今でも腕立て伏せ100回を続け、肉体は二十代のままである。一度も喧嘩をしたことがなく、握力80kgを超える握力は現代社会で使ってはならないと封じている。 ニコラス ゲージ、名優である。もし彼と会う機会があれば意気投合しそうなそんなインスピレーションが働く。銃社会、軍事大国、貧富の差が大きいアメリカの闇の部分を見事に描いた作品である。
  1. 2015/03/08(日) 21:12:21|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦難観の革新

私達の忌み怖れるものに「苦難」、「困難」がある。失敗、お金が無い、病気になる、人間関係、仕事がうまくいかない等々、人間には必ず、これだけが解決してくれればといったものがある。そして私達はこれら苦難、困難から逃げようとする。しかし、避けたり、逃げれば逃げるほど追ってくるかのように事態はより重大になってしまう。苦難、困難を喜んで受け入れる、横綱のようにどっしりと真っ正面から。正対(真っ正面から受け入れる)、正見(自分自身の生活のゆがみを見る)、正行(自分自身が変わる)。過去と他人は変えられない、自らが変わる、それにより周りの環境が変わる、想い描く状況が実現される。目標を立て、計画を立案、どのように計画を遂行するか方法を明確化し、結果をチェックする、これらを繰り返すことにより目標が達成される。苦難を真っ正面から喜んで受け入れた瞬間、必ず良くなる第一歩を歩んだことを忘れてはならない。この受けとめ方、実践こそがこれからの人類に求められる。本当に素晴らしい学びを得ることが出来た。あとは日々、実践するのみ、明朗に、より幸せになるよう歩んで参りましょう。
  1. 2015/03/08(日) 20:47:20|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眞壁屋のうどん

素材の安全性を研究し、手作りでしなやかでつるつるしこしこした食感、煮込んでも煮くずれしないうどんを沢山の方々に食べて頂くことをモットーに先週も沢山の方々に紹介させて頂いた。温かいスープ、鍋焼うどん、カレーうどん、鍋物のしめ、焼きうどん、つけめんで絶品である。世界の方々に美味しい!と言って頂ける味、食感を実現してきている。今週も沢山の方々に紹介させて頂く予定である。
  1. 2015/03/01(日) 19:52:43|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

良く学び、良く走った一週間

2月も終わり、3月に入りました。秋田市山王、横手にて講演を拝聴し、沢山のことを学びました。足下を固め、周りの方々を大切に、一歩、一歩進むこと、方法は無限にあり、それを考えだす意図がすべてであること。十和田市の経営者の方々にも講演させて頂きました。研究を基に商品を作り上げ、差別化、高付加価値化したビジネスを世界へ展開する方法、取り組みについてお伝えしました。人材育成がすべて、日本はいかに環境を保全し、子供を安全な環境で産み育てられるようにしていくかがキイであることを強く感じる。これが一番大切であることを忘れ、大人が自分達のことしか考えず生きることが少子化に拍車がかかるという悟りがまだまだ世論としてないことは大変、残念である。女性を労働力と見る見方では、女性の真価は正確に把握出来るものではない。人材育成の上で日本の女性がこれまで果たしてきたものは大きく、男性の比ではない。すべては女性により産み、育てあげられてきたことを日本人が理解、感謝し、女性、子供を大切にする社会を作っていこう。目先の利権や金に目がくらみ、こういった方々に悪影響を与える政策は自らの首をしめていることに気付かない社会を改めていくことが大切である。グローバル化とはまさしく、そういった原理原則に則った精神の上に成り立つ。先週走行した距離は実に、2000km、学んだことは書籍100冊分、お会いした方々は千名近い。今週も同様の一週間になりそうだが、精一杯、動きたい。
  1. 2015/03/01(日) 19:07:11|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。